ムラカミ コウタ

都内の某大学に通っています。主に旅関係について書いていきます。よろしくお願いします。

成城 ラーメン ろくとん軒 行ってみた

一等地住宅が立ち並ぶ成城に美味しそうなラーメン屋があるので行ってみました。

その名もろくとん軒です。

熊本ラーメンでそれが関東の進出することになり、第1の店が何故か成城にあるみたいです。

 

 

f:id:koutamurakami0819:20171203004749j:image

ここです。

成城学園前駅からはちょっと遠いですね(笑)。徒歩で15分くらいです。バスでも一本で行けます。

東宝スタジオの近くで目の前にはサミットもあります。

 

 

早速、入店してみましょう。(平日は20時まで、休日は21時まで、月曜は定休日なので遅い時間の入店はできません。)

 

入った瞬間に豚骨のいい匂いが漂っています。

 

f:id:koutamurakami0819:20171203004759j:image

食券自販機。かなり独特な名前ですね(笑)。サイドメニューも充実しています。

メタボキングと迷いましたが、安いのでぶたぁ麺の並とライスを頼みました。

そして自分はカウンター席の一番奥に座ります。

f:id:koutamurakami0819:20171203004804j:image

後ろの目を向けてみると有名人のサイン色紙がズラリ。。。

 

そして5分くらいで待ちに待ったぶたぁ麺がやって来ました。

f:id:koutamurakami0819:20171203004810j:image

 めっちゃ美味しそう。見た目は100点満点中150点ですね(笑)。

豚骨感溢れるスープに炙ったチャーシューにきくらげや味玉ものっかっていて最高ですね。

食べてみましょう。

 

こってりしていますが、それほど臭いっていうわけでもなく豚骨のいい味がしてとても美味しいです! 麺が細麺でしっかりしてますし何よりチャーシューが美味しいかったです。濃いめが好きな人におすすめですね。

中盛とライスを食べて満腹になりました。

 

 

retty.me

 

少し前から気になって行きたかった店なので行けて良かったです。

次はメタボキングも食べてみたいですね(笑)。

 

 

ご精読ありがとうございました。

では‼‼‼‼

 

成城学園前 ラーメン 武道家 龍 行ってみた

高級住宅街が建ち並び、成城大学がある東京都世田谷区成城に人気のラーメン店があります。

それが「武道家 龍」です。(龍と書いて「りょう」と読みます。)

 

早稲田に本店がある濃厚家系ラーメンです。

 f:id:koutamurakami0819:20171130231700j:image

成城学園前駅南口から徒歩2分程度で近くには三井住友銀行、ローソンがあります。

 

 

 

 

ここに自分は高校生の時から月2回程度で通っていました。特に受験生の時は、多いときで週2,3回のペースで通っていました。通い過ぎてブクブク太っていきましたね(笑)。

 

早速入店してみましょう!

扉を開けてみた瞬間「せぇぇぇい‼‼」と男性スタッフの方が元気よく迎えてくれました。

いつも自分が18時~19時の間くらいに入店するのですが、その時間帯はあまり混んではいないですね。

 

f:id:koutamurakami0819:20171130232914j:image

食券自販機です。

自分はいつも700円の中盛ラーメンを食べています。

これでも量は多いので安心してください。逆に初めての方は中盛から行った方が無難かなと思います。

たまごや九条ネギのトッピングもあります。

たまにこれの1.5倍くらいの量がある全部のせラーメンを平気で食べるサラリーマンの方を見かけますがホントにすごいです(笑)。

 

ラーメンのお好みは

麺  柔らかめ 普通 硬め

味  濃いめ 普通 薄目

油 多め 普通 少な目   があります。

 

自分はいつも麺硬めの味濃いめをチョイスしています。

 

f:id:koutamurakami0819:20171130233618j:image

ライスは無料でセルフサービスです。

 ライスを盛って右にある漬物をつけて、調味料のゾーンにある秘伝のタレをつけて食べるのおススメです。めちゃ美味しいです。 

(他にもにんにく、豆板醤、しょうがなどもあります。)

 

 

f:id:koutamurakami0819:20171130232941j:image

 こんな感じです。

麺は縮れ麺みたいでスープはトロッとしていてとても濃厚な味ですが、ツンとこないのでとても食べやすいです。ちなみにこのスープ、コラーゲンたっぷりで体に良いらしいです。

ライスとの相性も抜群です。

個人的には2,3回くらい通って良さがわかる味だと思います。ヤミツキになります。

ハマる人は本当にハマると思います。

 

そして完食。

オール炭水化物で腹を膨らませ店を後にします。

帰りのスタッフさんが「せぇぇぇい」と送ってくれました。とても気持ち良いですね。

 

高校生の時に初めて来てから合計で30回くらい入店しています。すっかり虜になっています。またこれからも通い続けるでしょう(笑)。

 

r.gnavi.co.jp

 

ご精読ありがとうございます。

では‼‼‼‼

 

プライバシーポリシーに関して

当ブログではGoogle AdSenseによる広告サービスを利用しています。

この第三配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を配信するため、当ブログや他ブログ、サイトへのアクセス情報 Double Cookieを使用することがあります。(氏名、住所、メールアドレス、電話番号等個人を特定するものではありません。)

第三配信事業者に情報が使用されることを希望されない場合は、広告の管理や、aboutads.infoにて、Double Cookieを無効にすることができます。

 

aboutads.info

Digital Advertising Alliance (DAA) Self-Regulatory Program | www.aboutads.info

自転車旅初心者が東京から大阪まで自転車で完走した話 6日目 近江八幡~大阪

注)ゴール地点は大阪駅前ではなく、祖父母の家があるため大阪府の枚方市とします。ごめんなさい🙇

 

残り70kmを切ってラストスパートです。最後まで気持ちを切らさずに頑張っていきます。

 

6日目 朝 滋賀 近江八幡~滋賀 大津

前の日とは違って、きれいに晴れて気持ちの良い朝となりました。

出発です。予定では今日でゴールする予定だったのでモチベーションはいつもより高かかったです。

そのまま野洲、守山を通過し草津へと入ります。

途中で新幹線が自分を一瞬で抜き去るのを見て、「自分、バカだけどめっちゃ楽しいことしてるな~」と実感🤤

あとは限界の向こう側の限界に達している膝の痛みとどう戦うかでした。

草津も抜け、大津市に入ったところで、

 

f:id:koutamurakami0819:20171119173421j:plain

琵琶湖です。

やはり滋賀県はこの琵琶湖にイメージがあったので、「やっと近畿地方だ」って感じでしたね。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119173903j:plain

午前10時半頃、大津駅到着。ここで昼食を取ろうと思ったのですが、周りに何もなかったので20km程先にある京都駅の近くに変更することに(泣)。

 

 

6日目 昼 滋賀 大津~京都~大阪

空腹と膝の痛みに耐えながら京都に向かいます。

大津と京都の間に小さな山があるのですが、そこが地獄でしたね(苦笑)。

坂自体はとても緩やかだったのですが、いままで酷使し続けた膝が再び悲鳴を上げました。さすがに気合では乗り切れなかったので山科まで自転車を押して移動します。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119174953j:plain

午後1時半頃、京都駅到着です。

京都はもう何回も来ているので特に京都らしいものも食べず、マクドナルドで腹を満たし、最終目的地に狙いを定めます。

 

 

さあ、後は大阪へ向かうだけです。もうこの時には膝も限界の限界を越えて、辿り着くことだけに集中できました。

しばらくして京都市を抜けて八幡市に入りました。

 

 f:id:koutamurakami0819:20171119181218j:image

 ついにです!!!

ここを川沿いに真っ直ぐいけば大阪に入ります。

淀川の遊歩道を歩いていた時にはもう自分の頭の中にはゲームのエンディング曲みたいのが流れていました(笑)。

 

そして、、、

f:id:koutamurakami0819:20171119181905j:image 

 

 

 

 大阪到着!!!!

 

 

これまでの様々な苦難が報われた瞬間でしたね(笑)。この時、感動という意味で半泣きしていました(笑)。

ここから少し離れた枚方市駅まで行き完全にゴールです。

 

自分はこの旅で

バカも突き通せば感動に変わる

             ということを学びました。

 

ほんとにこの旅を決行して、そしてゴールできてよかったです。自分でも大阪までたどり着くかは半信半疑だったので(笑)。

 

この後は電車で道頓堀まで行き、美味しいもの食べて買い物しました。

f:id:koutamurakami0819:20171119182827j:imagef:id:koutamurakami0819:20171119182842j:image

 

この時もう膝はボロボロで駅のホームの階段を上り下りするのも苦労しました。両足を引きずってましたね(笑)。

 

 

 

 

ご精読有難うございました‼‼

こちらの記事に今回の旅を通して分かったことや、自転車旅の準備や注意事項についてまとめた記事がありますので、もしよろしければこちらもお願い致します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

www.koutamurakami0819.jp

 

 

では!!!!!!!!!

自転車旅初心者が東京から大阪まで自転車で完走した話 5日目 名古屋~近江八幡

この日は、天気予報が曇りのち雨でした。

空模様と共にモヤモヤとした一日。

 

5日目 朝 愛知 名古屋~岐阜 大垣

 

朝6時に祖父母の家を出発しました。

序盤はとても順調で名古屋を抜け出し、一宮に入ります。

この地点でパラパラ雨が、、、

まあこのくらいは問題ないと気にせず進みます。

 

 

f:id:koutamurakami0819:20171119160141j:plain

岐阜県に入りました。この地点で大阪まであと150kmくらい。

岐阜は短いのでさっさと抜け出したいところです。

 

この後、木曽三川も通過し、大垣に到着しました。(写真無くてごめんなさい🙏)

 

 

5日目 昼 岐阜県 大垣~滋賀県 彦根

 

コンビニで腹ごしらえをし、滋賀県を目指します。

しかし、関ケ原あたりで恐れていた事態に巻き込まれました。

大雨です。

いままで雨に降られなかったのがラッキーなのだと思いますが、やっと来たかって感じです。時間と共に体力と体温が奪われていきます。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119161645j:plain

滋賀県に入ったのはよかったのですが、大雨と寒さで達成感に浸る暇も無く進みます。

そしてこの辺り、今まで「田舎!」と言ってきたところが可愛く見えるくらい何も無かったです。

場所とタイミングが最悪でした(泣)。

休める場所が無かったので彦根までの約30kmを寒さに耐えながら爆走です。

彦根市に入った頃には雹にまで降られたのでその時はもう半泣きです。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119163129j:plain

 午後2時頃、彦根駅到着。

死にかけました(笑)。着いた頃には手足の感覚があまり残っていませんでした。箱根の山が体力的に一番きつかったのであれば、ここが精神的に一番きつかったです。

 

 

この後、近くにあった極楽湯で芯まで冷えた体を温めました。天国でした(笑)。

www.gokurakuyu.ne.jp

 

5日目 夕方 滋賀 彦根~滋賀 近江八幡

ここでこの日を終えるのも全然有りだったのですが、「今日あんま進めてないな~」と思い、意地でもう20kmくらい進みます。

幸い、銭湯を出た頃には雨は止んでいたので残りの距離を頑張ります。

 

滋賀は全体的に田舎でしたね(笑)。

彦根を抜け、東近江を通過し、順調に近江八幡に入りました。

走ったのが夕方だった上、歩道がペラペラどころはほぼ無かったのでライトを付けていても命の危険を感じましたね。スリル満天でした(笑)。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119165111j:plain

午後6時頃、近江八幡駅到着。(写真を撮ったのは次の日の朝です。)

 

 

 

この後、駅近のラーメン屋で夕食を済ませました。(なんかラーメンばっか食っていますね(笑)。)

 

この後、ネットカフェに泊まろうとしたのですが、初めて行く場所でカード作らなければならなかった為、必要事項を記入したのですが、東京都から始まる住所を見られたとき凄い目で見られましたね(笑)。めっちゃ恥ずかしかったです😓

結局はまだ大学生ではないという理由で追い返されましたが、、

潔くホテルに泊まり明日に備えます。

 

 

 

 

続きの記事です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓www.koutamurakami0819.jp

 

 

 

 

 

 

自転車旅初心者が東京から大阪まで自転車で完走した話 3、4日目 豊橋~名古屋

愛知県にも入り、次の新しい目的地を名古屋と定め、また自転車を走らせます。

 

3日目 夕方 愛知 豊橋~愛知 安城

近くのマクドナルドで休憩を取り、市街地を走りました。

豊川を通過すると、

f:id:koutamurakami0819:20171119153402j:image

岡崎市に入りました。

ここの辺りはただひたすら国道1号線を真っ直ぐ行けばいいだけなので道自体は簡単でした。ただここから10km程何もなかったです(笑)。

 

東海道をひたすら進むと岡崎市街に突入。急に都会って感じがしました。大きな十字路も多かったので歩道橋を登ったり下りたりを繰り返していました。そして岡崎を抜けて、

 f:id:koutamurakami0819:20171119153412j:image

名鉄 新安城駅に着きました。

 

ここからは近くの駐輪場に自転車を止めて、名鉄に乗り、名古屋にあるスーパー銭湯に行きます。そこで宿泊です。

 

今回泊まったスーパー銭湯なのですが、とてもよかったです。中はとても広く、風呂の施設はとても充実していまいした。自分は夜と朝の2回、風呂に入ったのですがあまりの気持ちよさにつぼ湯で寝落ちしてしまいました(笑)。お金を払えばプレミアムルームも使えるみたいでなんかもうちょっとしたホテルですね。夕食、入浴、睡眠、朝食を済ませ、また大阪を目指し出発します。

www.yu-t.com

 

4日目 昼 愛知 安城~愛知 名古屋

この日は名古屋に住んでいる祖父母の家に久しぶりに顔を出す予定があったので昼からの出発です。名鉄で安城まで戻り自転車で再スタートです。

 

この日は向かい風がすごかったです。疲労と共にストレスも蓄積されました😡

寒さにも耐えながら知立、刈谷、豊明を通過していきます。

この辺りはプチ田舎でした(笑)。

風に抗いながらも必死にペダルを漕ぎ、ゆっくりと歩を進めていきます。

無事名古屋市に入りました!!!

 

f:id:koutamurakami0819:20171119151634j:plain

途中で名古屋発祥の台湾ラーメンも食べました。少し辛さが効いていて美味しかったです。

 

 

f:id:koutamurakami0819:20171119152818j:plain

午後3時半頃、名古屋駅到着です。

この後、祖父母の家に直行し、膝が壊れそうだったのでゆっくり休みました。

 

 

 

 続きの記事です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

www.koutamurakami0819.jp

 

自転車旅初心者が東京から大阪まで自転車で完走した話 3日目 島田~安城

3日目。6時に起床し、駅近のコンビニで朝食を取ろうと思ったのですが、そもそもコンビニがなかったので3km程離れたファミリーマートで朝食をとることに。

 

3日目 朝 静岡 島田~静岡 浜松

少し走り大井川を越えたらいきなり難所でした。峠が待ち構えていました。

終わらない坂道にくねくねとした道、箱根の山を想起させるような地獄でした。

てっぺんらしきところまで行ったらあとは緩やかな下り。その途中で

f:id:koutamurakami0819:20171119141302j:image

どうやら掛川に入ったみたいです。

 

静岡は茶畑が多いのでこれから緩やかな上り下りが繰り返されすのかと思ったのですが、意外とそうでもなかったです。バイパスを避けながら一号線を直進します。

この後、袋井を通過し、磐田に入ったときに膝に激痛が走りました。

完全に膝のケアを怠っていたせいです。ここで初めて「もう無理かもしれない」と思いましたね。やはり甘くないです☹️ 自転車を乗ったり引きずったりを繰り返し根性で進みました。

 

f:id:koutamurakami0819:20171119141953j:image

なんとか天竜川までたどり着きました。

そして浜松市街を少し走り、

f:id:koutamurakami0819:20171119133138j:plain

浜松駅に着きました。午後10時半頃到着。

膝の爆弾は限界を越えることで解消しました(笑)。

 

 

昼食はうなぎと餃子で迷ったのですが、たまたま駅前ビルにあった餃子屋を選びました。

www.ishimatsu-gyoza.jp

 

3日目 昼 静岡 浜松~愛知 豊橋

浜松市街を抜け、浜名湖を通る途中に湖西市に入りました。

「さあ愛知までもうすぐだ! 」と思ったのですがここがド田舎でした(笑)。

f:id:koutamurakami0819:20171119135629j:plain

田舎だからこういうものが残っているのか分からないですけど、こんなぶっ飛んだ店もありました(笑)。

 

そんなこんなもあって意外と長く感じた浜松~豊橋間。

f:id:koutamurakami0819:20171119140630j:plain

午後2時頃到着。

やっと静岡を抜け出せました!!

 

 

 

続きの記事です

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

www.koutamurakami0819.jp