掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

「現実逃避をしたい子には自転車旅をさせろ。」と思えるワケ

スポンサーリンク

どうも。管理人のムラカミです。

 

自分はチャリ旅が大好きです。半年前には東京から大阪までのロングライドにも成功しています。

 

 

キツさを乗り越えた上で味わえる尋常ではないほどの達成感。これが自転車旅の醍醐味だと思います。県を越えたときのあの気持ちよさは何回味わっても最高です

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180207155441j:image

 

そんな自転車旅ですが、どういう過程で自転車旅にハマったのか?

理由はただ一つです。

 

 

現実逃避に有効だから!!!!

 

 

ハマったら抜け出せなかったです。何故そう思ったのかそれは一つの体験からでした。

 

 

体験談

自分は高校2年のとき、周りの同級生が怖くて少しずつ学校でストレスを溜めていました。そしてあるとき溜まっていたストレスが爆発して、学校を休んでやろうと思ったのです。母親に学校へ行くと嘘をついて気分転換にチャリで高尾山へ行きました。

その時に都会の喧騒(学校)という環境を自分の意志で抜け出し一人で知らない場所へ出かけるという状況に脳汁が出まくりました(笑)。特に途中で銭湯に入っているときに「こんな自分がリラックスしているしている一方であいつらは体育で長距離を走っているんだろうな」と思ったときはニヤニヤが止まりませんでした。この日は終始、現実逃避の気分に浸っていました。

 

これが自分を自転車旅へと駆り立てたきっかけです。この経験から自分は人間関係でいやなことがある度に自転車で遠くへ行っていました

 

 

 

やはり仲の良い仲間と行く自転車旅も良いかもしれませんが、自分は一人で出かけてみることをおススメします。そこで、現実逃避に自転車一人旅がピッタリな理由を2つ挙げてみました

 

 

 ①自由へと解き放たれた気がする

 

f:id:koutamurakami0819:20180207155551j:image

自分の知っている街から少し離れた知らない街を自転車で駆け抜ける爽快感は最高です。特に誰も人がいないド田舎なんかに行ったときの達成感と解放感は最高です。世の中の不満や嫌いな人の名前や文句もブチまけられます。地元に戻った時の絶望感は半端ないですが(笑)。それでも最高のストレス発散法だと思います。

歩きでは時間がかかる。車では解放感が無い。その間をとった自転車は時間の短縮にも解放感にも最適です。

 

 

②景色を見ていると自分の悩んでいたことがどれだけ小さなことかが分かる

 

 f:id:koutamurakami0819:20180207155559j:image

自分は一人自転車旅の目的地はいつも夜景に設定します。その理由はただ単に綺麗な景色を見たいからではありません。それだったらイルミネーションを見に行っています。

では何故夜景を見に行くのか?

 

夜景というのは人々が暮らす電灯の元で成り立っています。その灯一つに家族が暮らしていたりサラリーマンが残業していたりします。そういって自分は夜景の電灯一つ一つの下の人々の暮らしを想像しますそしてその人達が抱えている悩みや喜びを感情移入しながら夜景を見ています。そんなことを考えいると「自分ごときが悩んでいることなんてとてもちっぽけなんだ」ということが分かります。それだけ自転車旅の収穫はあると思います。

 

 

 

まとめ

自分はチャリ旅に出会えて良かったと思いますし、これをして後悔したことはありません。チャリ旅が好きな人に悪い奴はいません。もしこの記事を読んでいる人の中で悩んでいて現実逃避したい人がいましたらチャリ旅はおススメします。心が洗われます。

 

 

スポンサーリンク