掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

大阪を拠点に瀬戸内海の周辺を自転車で一周しよう 1日目 大阪~姫路

スポンサーリンク

↓↓東京から大阪までの移動手段↓↓www.koutamurakami0819.jp

 

 

大阪までのヒッチハイクも成功し、やっとスタートラインに立ちました。

自転車で瀬戸内海一周の旅スタートです

 

一年ぶりのチャリ旅なだけあって、楽しみよりも心配が勝ってしまいます。

 

 

まあ全てはやってみなくては分からないです。

とりあえずよーいドン。

 f:id:koutamurakami0819:20180304215908j:image

 

一日目 朝 大阪 梅田~兵庫 神戸

午前7時30分、出発です。

梅田の高層ビルを後にします。

f:id:koutamurakami0819:20180304215922j:image 

さよなら大阪。また帰って来る日まで。

 

 

そのまま淀川も通過します。

 f:id:koutamurakami0819:20180304215949j:image

 

 

スタートから。約20分、兵庫県に入りました

大阪はやはりチョロかったです。

f:id:koutamurakami0819:20180304215955j:image 

 

途中で西宮にある甲子園球場に行きたかったのですが、今回は自分の中でスピード重視だったので華麗にスルーします。

 

 

芦屋も抜けて、テンポ良く神戸市に突入です。

 f:id:koutamurakami0819:20180304220014j:image

 

午前9時50分三ノ宮駅に到着。

f:id:koutamurakami0819:20180304220022j:image 

 都会でしたねー。(棒読み)

 

一日目 昼 兵庫 神戸~兵庫 姫路

次は神戸の灘区を抜けて、須磨区と垂水区に入ります。

 

 f:id:koutamurakami0819:20180304220047j:image

途中の海岸沿いの道路は走っていて気持ち良かったです。

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180304220100j:image 

明石海峡大橋。向こうに見えるのが淡路島です。晴れていてよかったです(笑)。

 

 

 

神戸も抜け、明石駅に到着。

f:id:koutamurakami0819:20180304220107j:image 

 

 

しかしここで自転車に異変が、、、

ペダルを漕ぐ度に「バチバチ」という音が聞こえました

長年、ロングライドで酷使し続けた自転車なので妥当でしたね。

 

最初はノリでなんとかなると思っていましたが、距離を重ねると同時にその音も大きくなっていきます

自転車と共に不安も走ってしまいます。

 

あまりにも音が酷かったので、ここままで走れなくなるかもしれないと思いました。

 

この局面を打破する為に、姫路まで着いたら自転車を修理に出すという思い切った判断に乗り出すことにしました

 

姫路に着くまでの残り30kmは気合で頑張ります。

もちろん音は大きくなる一方。

いきなり失敗決定という恐怖もありましたが、もう走ることしか選択はありません

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180304220131j:image

 加古川、高砂を通過し、姫路に入りました。

この時はガッツポーズでした。

 

午後2時半姫路駅に到着

f:id:koutamurakami0819:20180304220135j:image 

 

 

 

 

この後、急いで自転車屋に行ってみてもらいます。

 

診てもらった結果、ペダルの内部が壊れていたのと、チェーンが伸びすぎが原因だったみたいです。

走行にはあまり影響が無いみたいですが、まだ先は長いです。

残りの距離を気持ち良く走りたかったので修理してもらうことに

 

 

一時間後、修理が終了。

費用は13000円でした。

ん? 

 

13000円(^^)、、、

 

 

学生でただでさえ金が無いのに。

これは誤算でした。

 

しかし修理後の自転車を漕いでみた結果、明らかに漕いだ時の感触が修理前より良くなってしました。思わず笑みがこぼれました。

自転車完全復活です。

 

今日をここで終わらせるのは勿体ないと思ったので、35km先赤穂市まで走ることに決めました。

ここからは自分の体力気合いがカギを握ります

 

 

かっ飛ばします。

(続く)

 

 f:id:koutamurakami0819:20180304220209j:image

 最後に姫路城。

 

 

↓↓続きの記事はこちらから↓↓www.koutamurakami0819.jp

 

 

スポンサーリンク