掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

大学の一年間、アルバイトばかりやって死ぬ程後悔したことについて

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のムラカミです。

 

 

今回は大学生の9割が経験をしたことのあるアルバイトについてです。

 

自分は最近、所属していたアルバイトを辞めることにしました。

理由はアルバイトをしているうちに「学生のうちにそこまでアルバイトに打ち込むことに意味はあるのだろうか?」と疑問に思っていたからです。

 

自分は高校を卒業し、大学に進学するにつれてアルバイトをすることは自然な流れだと思っていました。

「周りもみんなやってるし、自分もやらなくちゃな」っていう感じでした。

 

そして初めて入ったバイトを一年間続けて今に至ります。

そんな自分が学生のうちにするアルバイトについて感じたことを挙げてみます。

f:id:koutamurakami0819:20180327160336p:image

 

 

アルバイトのメリットとデメリット

まず、最初に学生はアルバイトはした方が良いのか? しない方が良いのか?

という疑問から。

 

 

 

答えはやった方が良いです。

 

 

自分もアルバイトを通して社会人としてのマナー理不尽さそこでの人間関係が学びました。

これは学校では学べないこともあります

 

しかし、だからといって長い間ダラダラと続けるのは良くないと思います

個人的には仕事を覚えることに必死な最初の三ヶ月間までは学べることは沢山ありました。

しかし、ある程度安定してきたと感じていた時には自分の中でアルバイトは流れ作業的な感じになってしまいました

 

 

 

かけがいのない友達ができたとかやりがいを感じているのなら別かもしれませんが、そうでないパターンの方が多いです。

「辛いけどお小遣い稼ぎの為に頑張ろう」と思っているのならすぐにやめた方が良いと思います

 

 

アルバイトをしている時間で違うもっと価値のあることができる

 

学生の大切な1時間を800円~1000円という安い時給でアルバイト先に提供するのは明らかに損です。

自分も目先のお金が欲しいというだけで月に平均80時間(長期休暇中は月160時間)とかなり他の学生よりも多く働いていましたが、「時間の無駄だった」ととても後悔しています。

その時間で本を読んだり資格の勉強をしたりなど未来の自分に投資できるような行動がいくらでもできるからです。

 

「アルバイトをやめたらそもそもお金が入らないのではないか?」と思う人もあると思います。

しかし、世の中お金を稼ぐ方法なんて沢山あります。

自分の場合はブログ運営クラウドソーシング。他にもプログラミングインターンバイトWEBサイトに自分の店作る断捨離など様々です。個人的には、親からお金を恵んでもらうのもアリだと思います。

 

もちろんアルバイトより確実性はありませんが、これらの方法はアルバイトとは違って主体性が磨かれるので、飛躍的な成長が見込めます。さらに成功した時はアルバイトの比にならないくらいのお金が入るので夢もあります。

f:id:koutamurakami0819:20180327160450p:image

 

 

まとめ

色々言ってきましたが、まとめてみると、

 

バイトをやったことが無い人やった方がいい

バイトを続けている人辞めた方がいい(バイトが嫌な人に限る)

これで終わりです。

 

アルバイト以外にも言えることですが、慣れた環境にずっと居続けるのは安心感があるので、無意識に妥協という考えを生み出してしまいます。なので、慣れた環境からは敢えて飛び出し、全く知らない世界に飛び込むことが大事です

知らない環境に揉まれることで「自分は大した人間ではない」ということを思い知らされるので良い経験になります。

 

自分はアルバイトという安月給生活を通して、「会社を立ち上げたい」と思えるようになりました。次のステップに進むことができたので、それだけでもアルバイトを始めたには価値があったと思います。

これからはもっと自分のやりたいことでお金を稼いでいきたいです。

 

皆さんも今の学生生活を見つめ直してみると、本当にやりたいことが見えてくると思います。

学生である時間はとても貴重な物です。後悔するような無駄な時間はできるだけ捨てて充実した人生を過ごして下さい

 

f:id:koutamurakami0819:20180327160428j:image

スポンサーリンク