掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

大学生初心者がクラウドソーシングで金を稼げるのか検証してみた(後編)

スポンサーリンク

↓↓↓前編はこちらから↓↓↓

 

 ということで早速記事を作成していきます。

この作業は最初は大変かもしれませんが、記事の内容の専門的な知識がある程度持っていて、作業に慣れてしまえばあとは簡単です。やはり大事なのは根気ですね(笑)。 

 

この場合、給料は固定収入制か一文字あたりの単価が決められていてその額が大体0.3 円から0.8円までに定められています。

 

 

 f:id:koutamurakami0819:20180203153955j:image

約2時間かけて作業が終了しました。報酬もすぐに振り込まれたので結果を見ることに、、、

 

 

 f:id:koutamurakami0819:20180206015231p:image

 

 

 

まさかの648円(苦笑)。。。

  

 

 

 時給に換算すると2時間働いたので648÷2=時給324円。時給1000円のアルバイトの3分の1にも満たないです。このような作業にどうやりがいを見出すかは自分次第ですね。

 

検証結果:クラウドソーシングは全くの初心者でも2時間で651円稼ぐことができた。

 

 

ということで、ここでやり終えてみて自分が感じた学生がクラウドソーシングをやるメリットデメリットを挙げてみます。

 

メリット① 専門的な能力が身に付けられる

学生のアルバイトの場合だと最初から時給が決められていてただ惰性で同じ仕事を繰り返すことが多いです。クラウドソーシングの場合はプログラミングライターなど今度も役立つような仕事がたくさん募集をかけられています。このようなスキルは学生のうちに身に付けられるのデカいですね。

 

メリット② 時間を誰かに売っている感覚がしない

アルバイトの場合は時間がしっかり決められていてそれをバイト先に提供してその対価で給料を貰っています。しかし学生の時期の大切な時間を潰すしてしまうのはとても勿体ないですよね。クラウドソーシングは好きな時間に好きな仕事を始められますのである程度自由があります。わざわざ予定を潰す必要がなく隙間にの時間に始められます。

 

メリット③ 好きな分野で金を稼げる

クラウドソーシングは驚くほど仕事の種類が多いです。「こんなことがお金になるの?」と思えるような仕事もたくさんあります。楽しみながらできる仕事もあるのが魅力的ですね。

 

 

デメリット① 給料が割に合っていない

自分はやった記事作成なんかは特にそうですね。ホントに安かったです。ただお金が欲しいだけの人にはあまり魅力的には感じないと思います。しかし専門的な知識を持っている人であれば逆にアルバイトより効率よく稼げるのでそこはメリットになるかもしれません。

 

デメリット② 信憑性が薄い

ネットを使ったビジネスなのでプロジェクトでない限り、発注者と受注者が顔を合わせることは決してないので片方が不満を持つことは少なくありません。まあでもこれは人間である以上仕方ないことですね(笑)。

 

 

 

まとめ

クラウドソーシングが良いか悪いかを決めるのは捉え方次第だと思います。ただ時給で働いてお金が欲しい人だとあまり魅力的には感じません。一方で特別なスキルを持っている方や、この仕事も未来の自分への投資だと思うことができる方にとっては魅力的に感じるかもしれません。

ただ個人的にはどんな初心者でも試しでやってみるのもアリだと思います。極めることで就職活動にも有利なので後悔はしないでしょう。

 

是非試してみてはいかがでしょうか。

ご精読ありがとうございます‼‼

 

 

 

 

スポンサーリンク