掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

ヒッチハイクで伊香保温泉まで行ってみたら心も体も温まった(失敗編)

スポンサーリンク

どうも管理人のムラカミです。

 

自分は無類の温泉好きです。

久しぶりに温泉街に行ってみようと思い、いろいろと日帰りの計画を立てていたのですが大きな問題が一つ発生しました。

 

そもそもお金が無い、、、(^^)

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180220190812p:image

 

そこで一つの案を思いつきました。

 

日帰りヒッチハイクをやってみよう‼(無知)

 

 

ヒッチハイクは交通費が浮くので最高の手段だと思いました。

目的地は群馬県 渋川市にある伊香保温泉と割と現実的な場所に定めます。

早速、計画実行です。

 

しかしこの浅はかな思考が後に悲劇を招くこととは思ってもいませんでした

 

 はじめてのヒッチハイク

本番日がやってきました。

しかし朝、目を覚まして時計を見てみると午前11時になっていました。アウトです(笑)。

意識低すぎました。しかし先の事を考えないアホなので計画続行します。

 

 

スタート地点は環状八号線沿いにある京王井の頭線 高井戸駅にします。

f:id:koutamurakami0819:20180220190949j:image

ここからまずは高速道路に乗りたいので練馬インターまで乗せてくれる人を探します。

 

 

初めて画用紙に書いてみた文字がこちらです。

 f:id:koutamurakami0819:20180220190845j:image

↑字のバランスと配色が明らかにおかしい

 

初めて道路で行先の看板を掲げてみます。

なかなかハードルが高かったです。通行人に笑われるので最初はキツかったです

しかしいざ羞恥心を捨てて挑戦してみるとこれが快感に変わってきました

思考回路が変態ですね(笑)。

 

 

一般道で看板を掲げて約20分

 

なんと車が止まってくれました

 

ビギナーズラックが発動されました。

乗せてくれたのは体育系の大学生で、普段からヒッチハイクをしていた方でした。

「同じヒッチハイク経験者からしてみてこれはほっとけないな」と思って乗せてくれたみたいです。

車内で大学生活や将来の事について話し合いました。

 

そして練馬インターよりも少し離れた大泉インターまで送ってもらいました。

本当にありがとうございました

 

 

14時30分。関越自動車道 大泉インター 到着。

f:id:koutamurakami0819:20180220191426j:image

 

 

初心者の化けの皮が剥がれ始める

日が暗くなる前に少しでも近くまで進みたいので休むことなく次の目的地を定めます。

次は埼玉県東松山市にある高坂サービスエリアを目指します。

 

f:id:koutamurakami0819:20180220191432j:image 

(画用紙だけ自宅撮影)

 

この地点でかなり調子に乗っていた自分を現実に戻す悲劇が起きてしまいます。

 

まず最初の一時間、車は一台も止まりませんでした

そこから信号の近くのちょうど車が入れるようなスペースの前で看板を掲げてみましたがこれも空振り。最初がラッキーだったということにここでやっと気づきました

 

そして大泉で車を捕まえようと試みて2時間半

やっと車が止まってくれました

 

 

しかし近づいてみると子連れのお父さんが「勘違いすんな。子供をおろそうとしただけだ。」

 

怒られました(苦笑)。ヒッチ失敗。

 

その後も看板を掲げ続けるも一台もヒットしません。そして辺りが暗くなり始めた17時半、夢しか見ていなかった自分は現実に引き戻されます。

 

危ないから帰ろう。

 

終了のお知らせ。 

 

 

その日中での最終目的地到着が絶望的なのでここは賢明な判断です。大人しく最寄りの大泉学園駅から自宅に戻りました。

 

 

ヒッチハイク計画失敗(^^)

 

 

 

家に帰ってから敗因を考えみると3つが浮かび上がりました。

 

1.時間帯が悪い

2.ヒッチする場所が悪い

3.風貌が怪しい

4.臭い

 

根本的な理由でした。何故気づかなかったのか。これ猛省ですね。

逆に最初に乗せてくれた方の勇気が化け物だったということですね

 

 

 

以上の反省点を踏まえたうえで、これでは終わりたくないので一週間後、リベンジしました。

 

↓↓ヒッチハイク再挑戦の記事です↓↓

www.koutamurakami0819.jp

 

 

スポンサーリンク