掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

ヒッチハイクを使って僅か500円で東京から大阪まで行ってきた(PART1)

スポンサーリンク

どうも管理人のムラカミです。

 

 

自分は大阪を拠点として瀬戸内を自転車で一周するという計画を立てていました。

その為にはまず大阪に行く必要があります。

 

しかし、この計画には一つ問題がありました。

 

金が足りない(^^)、、、

 

 

自転車旅費新幹線交通費自転車運送費を全部払うのは、学生の自分にはとてもできません。

 

そこで自分が思い付いた作戦がこちらです。

 
ヒッチハイクをして交通費を浮かす

 

 

様々な人との出会いもあるので一石二鳥です

これはやらない理由が無かったです。

 

 

早速始めて行きましょう

 

10:30 一台目 東京(用賀)IC~海老名SA

スタート地点はヒッチハイクの聖地、用賀インター

f:id:koutamurakami0819:20180303094634j:image

休日であればいつもここにヒッチハイカーが紙を掲げています。

 

 

この日もヒッチハイカーが何人かいました。その為、絶好のポジションは奪われていたのでいきなり不利な状況に。

他のヒッチハイカーよりも派手にアピールすることで一抜けを目指します。

 

 

すると開始5分、車が止まってくれました‼

一抜け成功です。

鳶職のおじさんに海老名まで乗せさせて頂きました。

 

本当にありがとうございました‼

f:id:koutamurakami0819:20180303094702j:image

(字がめちゃくちゃ薄いですね(苦笑)。)

 

 

12:00 二台目 海老名SA~富士川SA

捕まえ易い時間帯だと思ったので足柄SAをスキップして富士川SAを次の目的地に定めます。

f:id:koutamurakami0819:20180303094732j:image 

 (黒ペンが薄くなったので赤ペンに変更)

 

しかし、ここで調子に乗ったことが裏目にでます。

開始から30分、応援してくれる方はいましたが、乗せてくれる人はいませんでした。

珍しい物を見てしまったかのように写真も撮られてしまいました(笑)。

まさか海老名でこんな手こずるとは思いませんでした。

 

 

粘って何時間も掛ける気は無かったので、早くもここで禁じ手を使います。

 

止まっている車に自分から声をかけよう‼

 

ヒッチハイクからは多少脱線しますが、早く着くための最善の手段です。

関西方面のナンバーに的を絞って声をかけます。

 

何人かには断られましたが、ここでは粘ります。

すると、関西出身で東京観光の帰り道だった兄弟の方々の車に乗せさせて頂くことになりました

ありがとうございました‼

 

車内では関東、関西のそれぞれの魅力やヒッチハイカーの話で盛り上がりました。

 

そしてそのまま富士川SAまで一直線。

f:id:koutamurakami0819:20180303094756j:image

 

 

 

 

 この地点で13時30分

果たして日付が変わるまでに無事大阪へ辿り着くのか⁇

 

 

↓↓続きの記事↓↓www.koutamurakami0819.jp

 

 

 

スポンサーリンク