掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

ヒッチハイクで20分以内に車を捕まえられる確率が高くなる3つのコツ

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のムラカミです。

 

皆さんはヒッチハイクをやったことがありますか?

 

ヒッチハイクとは?
多くの場合、通りすがりの自動車に無料で乗せてもらう行動を指す。交通量の多い道路の脇に立ち、腕を肩から水平方向に目一杯伸ばし、親指を突き立てたサムズアップを取ることがヒッチハイクの意思表示とされている。行き先(目的地)を大きく書いた紙や、ボードを胸や腹あたりに掲げながらやることも多い。
*1

 

ヒッチハイク初心者であれば、最初は何時間も車が止まってくれなかったという経験が1つや2つはあると思います

自分もそんな経験があります。www.koutamurakami0819.jp

 

 

そんな自分も少しずつ経験を重ねることで短時間で車を捕まえられるようになりました

実はヒッチハイクはコツさえ掴められればそこまでキツイものではありません

 

ではヒッチハイクで20分以内に捕まられる確率が高くなるコツを教えます。

 

f:id:koutamurakami0819:20180313123322j:image

 

 

一番大事なのは場所

どんなに笑顔で愛想よく待っていても、車が止まれるスペースが無ければ止まってくれません「乗せたいけどそこに居ちゃ止まれねーよ(笑)。」ってなります。

パーキングエリアなら出口の後方にスペースがある場所一般道なら信号前などといった車のスピードが落ちて且、一台分の車がしっかり止まれるスペースがある場所でヒッチハイクをやりましょう。

 

(例)

f:id:koutamurakami0819:20180313124018j:image

↑曲がり角はスピードが落ちやすいので捕まりやすい

 

近くの場所を記載して遠くまで行ってもらう

次に大事なのが目的地の設定です。

車道を通りかかる車は様々な目的地を目指して走っています。

一発で目的地まで辿り着こうとして○○方面と書いても止まってくれる可能性は低いです

そこで自分がやっている方法は、近くの場所を画用紙に書いて乗せてもらえた時にドライバーさんの最終目的地自分の最終目的地との間で合致する一番遠い場所まで乗せてもらえるように交渉します。

この方法で自分はびっくりするほどスムーズに進めました。

 

 

これらのポイントさえしっかり掴めていれば車は大体止まってくれます。

笑顔が大事ってよく言われていますが、最低限の身だしなみさえしっかりしていればあまり関係ないです

常に笑顔なのはキツイですからね(苦笑)。

 

 

20分経っても車が止まってくれない場合

以上のことを踏まえても止まってくれないケースも少なからずあります。

まあ運ですからね(笑)。

 

そんな時に自分がやっているのは直接ドライバーさんに声をかけて交渉することです。

サービスエリアやパーキングエリアだとこれが有効になります。

もちろんこれにもコツがあります。

 

まずは5分程パーキングエリアの売店やトイレの入り口で画用紙を掲げます

ここで「この人、ヒッチハイクしているんだなー」と認知してもらいます。

そして5分経過したら交渉開始です。

手当たり次第に交渉するのでは無く、最終目的地方面の車のナンバーに絞って声をかけましょう。諦めないで声をかけ続けることで乗せてもらえます。

車のナンバーは嘘をつきません。

 

もちろんこの作業には強靭なメンタルも必要です

画用紙を掲げる作業よりもさらにハードルが上がりますからね(笑)。

 

この交渉は断られるのが当たり前です。

しかし一度や二度断られたくらいで落ち込まないことが大事です

続けることによって交渉成功へと繋がります。

 

 

最後に

以上が自分の経験から学んだヒッチハイクのコツです。

 これで成功する確率がグッと高くなります

 

しかし、ここで錯覚してはいけないのが「ヒッチハイク成功している自分ってスゲー」と思う事です

ホントにすごいのはドライバーさんです

 

得体の知れない人間を遠くまで乗せる勇気というのはなかなか出せないものです。

ドライバーさんに感謝の気持ちを忘れずにヒッチハイクをやりましょう

 

 

www.koutamurakami0819.jp

 

*1:Wikipedia より

スポンサーリンク