掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

青春を逃した男性が「心が叫びたがっているんだ(アニメ)」観たら泣けた

スポンサーリンク

こんにちは管理人のムラカミです。

今日は前から気になっていた「心が叫びたがってるんだ」を今更ながらTSUTAYAで借りて観たでその感想と気になった点を述べていきます。

 

 

 f:id:koutamurakami0819:20180209021807p:image

 

 

 

 

あらすじ


映画『心が叫びたがってるんだ。』本予告

 

幼い頃、何気なく発した言葉によって、
家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順
そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
 高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」と順の気持ちに気づいていたが、順は言い出せずにいた。
 そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見て順は思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。

そして、発表会当日、
心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を
歌うと決めたはずの順だったが…。 *1

 

感想・気になった点

 

結論から言うととても面白かったです

 

 

序盤から終盤までしっかりきれいに構成されていたように思えました。

そこで自分が面白いと思ったポイントを挙げてみます。

 

 

 

↓↓↓若干のネタバレ注意↓↓↓

 

 

 

言葉の重みについて

一番最初のシーンで分かる通り、順が発したささいな一言から夫婦の仲が悪化してしまいます。このシチュエーションは現実でも十分に起こりうるようなことかもしれません。このシーンから例え悪気がなくても言葉は他人や自分を傷つけてしまう凶器になるいうことを再確認して色々と考えされられました。

 

 

 

たまごという存在

この映画のカギとなるのが「たまご」です。最初はこれが直接的に順が喋らなくなったきっかけだと思っていたのですが、物語の終盤で順の心の壁を「たまご」に例えていただけで、ただの虚構だということが分かり驚きました。

 

 

 

登場人物のそれぞれの葛藤

実は順だけではなく、他のメンバーもそれぞれ個人的に何かやるせない気持ちを抱えています。それがミュージカルでみんながだんだんと一つになっていくうちに、少しずつその気持ちが薄れるようになるところはよくできていると思いました。

特に終盤の坂上が順を説得している場面で、坂上も似たような境遇を持っていたことから順に共感しながら話を聞いてあげてるところに感動しました。

 

まとめ

この映画に興味はあったのですが、見慣れないアニメなので実は少し観るのに抵抗もありました。しかしそんな不安は一瞬で取っ払ってくれました。青春を真っ只中の登場人物達にも嫉妬さえもしましたね(笑)。5歳くらい若返った気がしました。

エンディング曲の乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」の歌詞も映画の内容としっかりマッチしていてそこでもウルっときましたね(笑)。

 

頭からケツまで全部面白かったので観終わった後の満足度も高かったです。

 

 

これは観た方が良いです。是非チェックしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心が叫びたがってるんだ。【通常版】【Blu-ray】 [ 水瀬いのり ]
価格:5715円(税込、送料無料) (2018/2/9時点)


 

*1:アニメ映画 心が叫びたがってるんだ 公式サイト より

スポンサーリンク