掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

情緒不安定だった自分が自己嫌悪を克服するために実践していた4つのこと

スポンサーリンク

こんにちは管理人のムラカミです。

 

人間というのは他人と比べて劣等感を感じたり、自分の無力さを思い知らされた時に自己嫌悪に陥ることがあります。

 

f:id:koutamurakami0819:20180219033820j:image

 

 

これは誰にでも起こりうることですが、人の受け取り方によってはプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあります

 

 

  自分も中高の学生時代はコンプレックスの塊で自身が大嫌いでした。周りの環境が怖すぎて学校も休みがちでした。

しかし、今思ってみるとそれは自分の気持ちの持ち方にも問題があったのかもしれません

 

 

しかし、大学一年生の現在、4つの事を実践したことによって自分を好きになることができました。

 

f:id:koutamurakami0819:20180219033832j:image

 

 

 

 

では自己嫌悪を克服し、自分を好きになるために実践していたことを紹介します。

 

 

常にポジティブな言葉を口に出す

皆さんも前向きな事を言った時は気分が明るくなった経験があると思います。これは偶然ではありません。

物事とは根拠が無くても、口に出すことで実現する確率が高くなります。なぜなら人間は思想や行動を「言葉」という暗号で認知するので、脳が勝手に「できる」と錯覚するからです。

だからネガティブな性格の人は、例えば朝起きて、毎日「今日も一日だるいな~。」と言っている人はそれを「今日も一日楽しみだな~」と変えてみる。それだけで一日が変わります。

話す相手がいない人は、部屋で一人で呟く。または紙に書いてみる。それでも効果が出ます。

 

 

他人の目をいちいち気にしない

自己嫌悪に陥る大体の人は自分がとった行動や言動が馬鹿にされることを気にし過ぎるあまり、身動きが取れなくなります。

他人の目から解放されない限りは自己嫌悪から解放はされないのでいちいち気にしないようにしましょう。

 

しかし、他人の目をいちいち気にするなと漠然と言われたところでどうすればいいか分からないと思います。

 

 

そこで自分が他人を気にしなくなる為に心で意識していたことを紹介します

 

・「自分は自分で他人は他人。」

・「素直な行動や言動を取れる自分って最高。」

・悪質な悪口を言われた時には「何言ってんだこいつ(笑)。」

・「自分の行動が笑われたことによって今日も世界平和に貢献した。」 

 

 

こう思う事で本当に打たれ強い自分を作ることができました。

傷つきやすい人にとって他人の目を気にしないことは最初は難しいことかもしれませんが、何回かやってみることによって心の負荷も軽くなります

是非心がけてみてください。

 

 

本当に好きなことを見つけて熱中する

今まで生きてきた中で何か1つや2つは趣味に没頭したことはあると思います。その趣味を極める努力をすることをおススメします。

そうすることによりその分野で自信が付き、その自信が良い人間関係にも影響します。間接的に自己嫌悪の克服にも繋がります。

 

 

失敗しても自分を許せるようにする

自分が嫌いな人には完璧主義者が多いです

完璧主義者は真面目で努力家いう長所もありますが、自分の成功よりも失敗に目を行きがちという短所もあります。そういう人は悪い方向に行ってしまうと毎日、脳内反省会で自己否定を繰り返し、心がいくつあっても足りなくなってしまいます。

そういった人は完璧主義を諦めることをおススメします失敗を許せるようになることで心の負荷はとても軽くなり、毎日を気楽に生きることができます

 

 

 

まとめ

以上が自分が実践していた4つの事です。

 

正直言って自己嫌悪から抜け出し、自分を変えることはとても難しいです。自分も何回も克服に失敗していました。しかし成功するまで諦めませんでした。

皆さんも辛いかもしれませんが、苦しい時期を乗り越えた人ほど人間的にも大きく成長できます。逆にこの挫折がラッキーだと思い、目の前の壁を頑張ってぶち壊して下さい(笑)。

 

 

この記事を見ていて自己嫌悪に陥っている方があれば最後に一つ言っておきたいことがあります。

 

 

「あなたは決して悪くはないです。」

 

 

そしてこのような状況に陥ってしまったのは誰のせいでもありません

この世に生まれる価値の無い人間なんていないので、少しずつでも良いので自信を持てるように頑張りましょう。

 

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180219034130p:image

 

 

 

 

ご精読ありがとうございました。この記事が少しでも参考になって頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク