掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

スーパーポジティブシンキングを身に付けてから人生が格段に楽になった

スポンサーリンク

こんにちは。管理人のムラカミです。

 

 

皆さんは困難に直面した時に心の中でどのように考えますか?

「面倒くさいな~」「辛すぎる」など様々なマイナスの感情が起こると思います。

 

 

しかし、そのような感情は後の自分に悪い影響を与えてしまいます。

 

 

 

そこで自分の場合は「やった~ 逆境だ~」「また自分が成長できる機会を設けられた」のような、ポジティブな感情に持ち込ませます。

この心意気が自分の人生を楽にしてくれています

 

f:id:koutamurakami0819:20180320150852j:image

 

 

そんな自分も数年前まではとてもネガティブ人間でした

挫折する度に、「自分には無理かもしれない」「実力不足」などとネガティブな感情を押し出していました。

では何故変わることができたのか?

 

実は、特にこれと言えるきっかけはないです。

バカなのかもしれません(笑)。

 

しかしただバカなだけではポジティブにはなれないと思います。

 

 

ポジティブな人には自分も含めて特徴があります。

それがこの3つです。

 

自分の長所、短所をしっかりと把握している

挑戦心に溢れ、リスクを恐れない

失敗にも十分な価値があることを知っている

 

 

これを見て分かる通り、バカと真面目をしっかり両立できる人。これこそが本来の意味でのポジティブなのです。

 

自分はネガティブ時代よりポジティブ時代の方が人生は楽しいです。

ではどのような面で変わったのか?

主な理由は3つ挙げてみます。

 

 

物事の達成率が上がった

 

f:id:koutamurakami0819:20180320150919j:image

 

自分も以前より、ポジティブな現在の方が物事の達成率は高いです。

例えば、困難な壁にぶち当たったとしても「次は絶対にできる」とポジティブな方向に持ち込ませられれば、自然に改善点などを分析するようになります。これは次回の挑戦の原動力になります

しかし、「やっぱ自分には無理だった」などといったネガティブな感情を持ち込ませてしまうと、原動力も成長も何も生まれません。

捉え方次第で180度変わります。失敗は成功の基という言葉も強ち間違っていません

 

 

ストレスが軽減される

 

f:id:koutamurakami0819:20180320150937p:image

 

これは簡単な話です。

例えば、雪が降っている時、「今年も雪は綺麗だなー」とポジティブに考える人と「うわー。交通網が滞る。」とネガティブに考える人とどちらの方が人生楽しそうに見えますか?

多分8割方、前者と答えるでしょう。

これは極端な例でしたが、このように無理矢理にでもポジティブに持っていくことで心が楽になり、ストレスも軽減されます

 

まあ自分は雪は嫌いなんですが(笑)。

 

 

行動力が上がった

 

f:id:koutamurakami0819:20180320151003j:image

 

思い立ったら即行動ができるようになりました。

何故なら、ポジティブな人は失敗した時のリスクはあまり考えません

そこで無駄な障壁が取り払われ、身軽に動けるようになるからです

 

雑念の廃除が行動力の向上に繋がります。

 

 

まとめ

以上、ポジティブシンキングになってから人生が楽になったことについてでした。

 

ポジティブになるということはその人の性格などもあるので、すぐには変わることはできない場合もあります

 

しかし、意識次第で誰もがポジティブになれることができます。

 

皆さんも少しづつ時間をかけてでも良いのでポジティブシンキングを身に付けてみて下さい。

自分にとって良い影響を与えてくれます。

 

スポンサーリンク