掃き溜めの大学生に言霊を

都内某大学に通いながらブログを更新しています。

ストレスと隣り合わせだった自分が実践していた3つのストレス解消法

スポンサーリンク

人間というのは歩けばストレスに当たる生き物です。

 

ストレスというのは睡眠不足食欲の低下など人間に悪影響を与えがちです

しかしこれは対処の仕方によってはいい方向に自分を持っていくこともできてしまいます

 

自分も高校時代は様々な悩みを抱え、不満だらけだったのでストレスは常に蓄積されていました。

当時は「何で自分だけこんな不幸な目に合わなきゃいけないんだ」と思っていました。

 

 

f:id:koutamurakami0819:20180301193706j:image

 

しかし、イライラと隣り合わせの生活を続けることによってストレスを飼い慣らすことを少しずつ覚えてきました。

それにより今は自分に不幸なことがあったとしても上手く対処ができるので、「これは自分にとって成長できるチャンスだな!」と思い、逆境を楽しめるようになりました。

 

それでは自分の経験からおススメのストレス解消法とNGなストレス解消法を紹介します

 

 

おススメのストレス解消法

 

自転車やランニングで少し遠くまで行ってみる→寝る

 

f:id:koutamurakami0819:20180301193738j:image

 

身体が疲れていない日には大体これをやっていました。

効果の個人差はあると思いますが、チャリ旅やランニングの疲労や爽快感によって悩んでいたことがどこかに飛んで行ってしまい、目を覚ました次の日には悩み事なんてどうでも良くなってしまうことが多いです。

 

 ↓↓詳しくはこちら↓↓

www.koutamurakami0819.jp

 

東京に住んでいる自分の場合は、

イライラする→よみうりランドまでランニング→近くの銭湯に行く→電車で帰る→家に帰って寝る。  

のメニューを消化していました。

 

大体これで嫌な事は忘れられました。あの辺の近くに住んでいる人にはこのコースをおススメします。

 

 

カラオケに行く

 

f:id:koutamurakami0819:20180301193804p:image

学校帰りでイライラしていた日にはよく一人でカラオケに行っていました。一人の空間で誰にも迷惑をかけずに大声を出せるのでストレスを思う存分に発散できます

 

長い間ダラダラ歌うのが嫌だったので自分は1時間と時間を決めて歌っていました。

 

 

不満を紙やノートに書き殴る 

 

家から出たくない時はこの方法を使っていました。

 

普段は言えないことを紙に書くことによって発散できるだけでは無く、不満を書いた後の紙を自分で見ることによって、「自分はこんなくだらないことで悩んでいたんだ~」と思い、いい意味で我に帰ることもできます

 

 

やってはいけないストレス解消法

他人に当たってしまう

f:id:koutamurakami0819:20180301193835p:image

対人関係の悪化に繋がるのでやめておいた方がいいです。

相手を不快にさせるだけだは無く、最悪の場合嫌われてしまうので後々、後悔することになるでしょう。

本当に信頼できる友達ならおススメかもしれませんが、そんな友達なんて100人中1人いたら良い方です。

あと、SNSに不満をぶちまけるのも良くないです。虚無感が襲ってきます。

自傷行為は論外です。

 

 

自分が手に入れた財産を失わせるような解消法

 具体的に挙げてみるなら、ヤケ食いギャンブル無駄遣いなど。

これも繰り返してしまうと後で自分にツケがまわってしまうので、また新たなストレス一つ作ることになります

 

 

まとめ

以上、個人的におススメのストレス解消法とNG解消法でした。

 

ストレスを溜め込まないで発散することも大事ですが、そもそもの根端を失くすために少しの困難ではブレないようなメンタルづくりも心がけましょう

 

上手く向き合うことが一番大事ということです‼

 

 

 

 

ご精読ありがとうございました。

 

スポンサーリンク